ワントーンコーデで着やせ

ワントーンコーデを着やせコーディネートに変えるには?

 

ワントーンコーデを着やせコーディネートに変えるには、配色でメリハリをつけられない分、コーデのどこかにポイントをおいて着やせ効果をねらいます。

 

この夏も全身を同色系でまとめる、ニュアンスのあるワントーンコーデが流行っているので、上手に気やせコーデに変換します。

 

ホワイトとオフホワイト

ワントーンコーデの元祖カラーは、ホワイトのワントーン。今シーズンはホワイトとオフホワイトの配色に注目です。膨張色の白を着痩せして見せるには、異素材を用いるようにします。
コットンシャツにリネン混のガウチョパンツの組み合わせは、素材の異なる白アイテムを重ねることで、着こなしにニュアンスと奥行きをだします。そこにオフホワイトのロングジレを羽織って、縦長ラインをプッシュします。小物は、スカーフを巻いたポシェットを斜めがけにして、コーデにメリハリをつけます。

 

キャメルの小物とベージュ

ベージュのワントーンの時には、革小物でアクセントをつけます。ベージュは上下のトーンを合わせて、キャメルのバックやベルトでメリハリをつけます。ゆったりしたシャツに、クロップド丈のパンツ。足首をきれいに見せて、厚底の白サンダルで脚長効果とスタイルアップを演出します。

 

ブルーデニムとネイビーのワントーン

ブルーだけでまとめると、カジュアル感が強くなるので、ブルーのワントーンでは、レイヤードしたブルーに白小物でアクセントをつけます。白の効果で、ブルーを引き締めて気やせ効果をねらいます。
ブルーは色幅が広いので、ライトブルーやネイビーを組み合わせて、清潔感のあるコーデにします。ブルーデニムに、ネイビーのカットソー、紺のステンカラーコートを合わせてコンパースの白と白バックで統一します。

 

辛口カラーのカーキで細見え

サファリテイストがトレンドのこの夏は、カーキファッションが旬なスタイルですね。濃淡のカーキを組み合わせた、辛口配色は大人っぽく気やせを演出します。濃色カーキのトップスに、カーキのフレアスカートを合わせて縦長コーデにして、ハットで目線を上げてスタイルアップさせます。

 

グレーのワントーンはレイヤードでアクセント

グレーのワントーンは、色幅の広さを活かして、明るめグレーからダークグレーのトーンを数多く重ねると奥行きがでます。差し色として、グレーと相性のいい赤を投入します。
グレーのサロペットに、グレーのカットソーとボーダーTをレイヤードして、足元は赤のポインテッドトゥパンプスでレディに装います。コーデに奥行きとメリハリがつくことで、スタイル全体をシュッとした印象にします。